失敗しない秘訣

多重申し込みは注意

カードローンの多重申し込みには注意が必要

クレジットカードの審査には通るのに、カードローンの審査には中々通らないという場合があります。
クレジットカードは支払いに関して金利は付きません。
お金がある分だけ購入するようにすれば、必ず支払う事が出来ます。
しかし、カードローンは一旦発行してしまえば、限度額まで借り入れする事も出来ます。
自分お給料より借り入れをしていて返済が滞り信用情報が「移動」いわゆるブラック状態担ってしまうことです。
このような方は幾つか申し込みをしても審査に通ることは難しいでしょう。
過去に幾つかも申し込みをして審査に通らなかった方などは多重申し込み者として扱われたりしてしまいます。そのようになりますといくら審査のあまい会社でもなかなか審査に通らないことがあります。

ブラックとはどのような状態?

ブラックとは、信用情報に申し込みブラックの烙印を押される事になるので、半年間はどのカード会社に申請しても経済力の審査等をするまでもなく、審査に落とされる事になります。
情報期間には「移動」と記載されます。
ブラックの方には返済出来る見込みが無いと判断されてしまいます。
お金は借りる事が出来ないように世の中は上手く調整されているので、諦めて返済出来る程度のお金を借りる事が大切になってきます。
みなさんもお金を借りる時は注意して借りるようにしましょう。

信用情報はどこで管理されているの?

信用情報は、信用情報機関という機関で管理されています。
現在、日本には3つの信用情報機関があります。
CIC(シー・アイ・シー)
JICC(日本信用情報機構)
全国銀行個人信用情報センター
消費者金融、クレジットカード会社、銀行などの金融機関ならこの3つのうちいずれかの信用情報機関に必ず加盟しています。
金融機関は、自社が加盟している信用情報機関にある情報を確認できるのですが、ほとんどがお金が掛かってしまいます。だいたい2000円程度と聞いたことがあります。

申込記録はいつまで残る?

申込みに関する記録は最長6ヶ月にわたって記録されます。
CIC(シー・アイ・シー)
JICC(日本信用情報機構)
全国銀行個人信用情報センター
以上、3つは6ヶ月と記載されております。

最近の記事

  1. フリーローン
  2. クーリングオフ
  3. リボ払いの特徴
  4. おまとめローン
  5. 与信審査
  6. パートでもカードローンは利用できるの?

PAGE TOP